妻のほうが稼ぐと、夫の性的能力は低下

妻のほうが稼ぐと、夫の性的能力は低下


妻の給料のほうが多いとわかると、夫はその差を寝室で感じるらしい。妻より収入の少ない男性は、妻より収入の多い男性に比べ、インポテンス治療薬を必要とする傾向が強いことが、米ワシントン大学(セントルイス)准教授のLamar Pierce氏らがデンマークで実施した研究でわかった。研究論文は「Personality and Social Psychology Bulletin」オンライン版に2月3日掲載された。


Pierce氏によると、妻の収入が多い男性は勃起不全(ED)治療薬を服用する可能性が10%高く、夫婦間の収入差が比較的小さくても男性が寝室で薬の助けを必要とするオッズは高まり、年間500ドル(約4万7,000円)の差でもED治療薬を服用する可能性は10%高かった。夫婦の“収入差の変化“が鍵となっているらしく、結婚前に女性が男性よりも稼いでいるカップルにも、同棲しているカップルにも今回の結果はあてはまらないという。


Pierce氏らは、全デンマーク国民の収入やその他の詳細のデータベースと、全薬剤処方のデータベースを使って調べた。1997年~2006年のデータを検討し、25~49歳の共働き夫婦56万9,000組超に着目した。その結果、収入差による心理的影響を受けるのは男性だけでなく、夫より収入の多い妻は不眠や不安の薬を服用する可能性が高く、妻より収入が少ない夫は、逆の場合に比べ不安や抑うつの薬を服用する可能性が高かった。


Pierce氏は、「これは、結婚が一家の稼ぎ手としての夫の役割を押し付ける大きな社会的制約であることを示唆している。今回の研究は、夫婦間の収入差とインポテンスの関連性を示唆しているが、因果関係を証明したわけではない」と述べている。


HealthDay News 2013年2月11日
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=673380
Copyright (c) 2013 HealthDay. All rights reserved.





ミラクルコーケン-ミラクルコーケンは水辺に自生するイネ科の植物原生まこもを当社独自の方法で発酵させ粉末にした、優れた食品です。豊富に含まれる食物繊維、発酵食品のもつ独特の風味、そしてビタミンB1、B2、カルシウム、鉄などの栄養成分があなたの健康のお手伝いをします。食物繊維不足と思われ方はもちろん、どなたがお召し上がりになっても結構です。美容と健康にミラクルコーケンをお役立て下さい。

妊娠中はオメガ3脂肪酸を

妊娠中はオメガ3脂肪酸を


オメガ3脂肪酸は妊娠中には特に重要な脂肪酸で、発達過程にある胎児の脳や視力の健康的な成長を助ける。


米国栄養・食事療法学会(AND)は、次のようなアドバイスをしている。


・オメガ3脂肪酸が豊富な魚を1週間に12オンス(約340グラム)ほど食べる

・水銀含有量の少ないシーフードを選ぶ。アンチョビー、バス、オヒョウ、ニシン、ムラサキイガイ(ムール貝)、マカキ(真牡蠣)、マス、サケ、マグロ、ホワイトフィッシュなどが良い

・アマダイ、サメ、タチウオ、サワラなどは水銀含有量が多いので避ける

・DHAを強化した食品を摂る


HealthDay News 2014年6月24日
http://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/food-and-nutrition-news-316/health-tip-eat-omega-3s-during-pregnancy-688788.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.





うつ病の若い女性は心筋梗塞リスクが倍増

うつ病の若い女性は心筋梗塞リスクが倍増


うつ病である55歳以下の女性は、心筋梗塞リスクまたは心疾患で死亡するリスクが健康な女性の2倍以上であることが、米エモリー大学ローリンズ公衆衛生大学院(ジョージア州)助教授のAmit Shah氏らの研究で示された。この年齢の女性は、男性や高齢女性に比べてうつ病になりやすいこともわかった。


気分障害と心疾患の間にこのような関連がみられる原因は不明だが、Shah氏は、「若い女性は、神経生物学的またはホルモンの違いにより、急激な精神的ストレスに対する反応が男性や高齢女性とは異なる可能性がある」と指摘している。55歳を越える女性および男性全体では、うつ病と心疾患による死亡リスクの高さとの関連はみられなかったという。


「Journal of the American Heart Association」オンライン版に6月18日掲載された今回の研究によると、女性が生涯に心疾患を発症するリスクは50%以上であるという。研究チームは、心疾患の診断を受けているか、その疑いのある男女3,200人強を2003年から2010年まで追跡。患者の平均年齢は約63歳で、3人に1人が女性であった。全被験者に動脈疾患の有無を評価する冠動脈造影検査を実施。3年の追跡後、55歳以下の女性は中等度から重症のうつ病のリスクが最も高く、27%が臨床的にうつ病とされたのに対し、65歳以上の男性では9%だった。


男性全体および高齢女性ではうつ病と心疾患リスクの関連は認められなかったが、55歳以下の女性では、うつ症状評価尺度が1ポイント上昇するごとに心疾患リスクが7%増大した。若年および中年のうつ病の女性は、心筋梗塞を起こすか、動脈を広げる侵襲的な治療を必要とするリスクが2.17倍であり、追跡期間中での全原因死亡リスクが2.45倍だった。Shah氏は、うつ病の若年女性は健康的な生活や積極的な予防治療に取り組む必要があると述べるとともに、うつ病のため診療を受ける能力が低下することもあるため、友人、家族、医師の関与が必要だと指摘している。


米アイオワ大学心理学教授のMichael O'Hara氏によると、男女ともに心疾患とうつ病の関連は以前から認められていたという。「うつ病は炎症プロセスおよび免疫機能に関連することがわかっている。そのため、うつ病によって身体が疾患から回復する能力が低下するという考えもある」と、同氏は説明するとともに、今回のような研究は、男女いずれにとっても極めて重要であると付け加えている。


HealthDay News 2014年6月18日
http://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/depression-news-176/depression-linked-to-worse-heart-health-among-younger-women-study-says-688984.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.





ピューラックス-ピューラックスは、次亜塩素酸ナトリウム6%を成分とする医薬品の殺菌消毒剤です。細菌(グラム陽性菌・グラム陰性菌)、真菌、ウイルスなど殆どの微生物に対して殺菌効果、不活性効果を示します。

コレステロール異常でアルツハイマー病リスク増大

コレステロール異常でアルツハイマー病リスク増大


「悪玉」(LDL)コレステロールを抑え、「善玉」(HDL)コレステロールを増やすことは、心臓だけでなく脳にもよいことを米カリフォルニア大学デービス校の研究グループが示唆した。

研究グループによると、LDLコレステロール低値とHLDコレステロール高値はともに、アルツハイマー病の指標とされる脳内のアミロイド斑低値に関連していることがわかったという。研究の筆頭著者である同大学神経学部教授でアルツハイマー病センター副所長であるBruce Reed氏は、「不健康なコレステロールパターンは、心疾患を促進するのと同じように、アルツハイマー病に影響するアミロイドの上昇を直接的に引き起こしている可能性がある」と述べている。


今回の研究では、カリフォルニア州の脳卒中クリニック、支援団体、高齢者施設、UCデービスアルツハイマー病センターから70歳以上の男女74人を集めた。このうち3人に軽度の認知症があり、33人には脳機能の問題はなく、38人に軽度の脳機能障害がみられた。脳スキャンを用いて被験者のアミロイド値を評価した結果、空腹時のLDLコレステロール値が高く、HDLコレステロール値が低いほど、脳内のアミロイド斑の蓄積が多かった。コレステロールが脳のアミロイド沈着に影響を及ぼす正確な機序については不明だという。


米国では、血中HDLコレステロールは60 mg/dL以上がよく、心疾患リスクの極めて高い集団では、LDLコレステロールは70 mg/dL以下にする必要があるとされている。記憶障害や認知症の徴候のある人では、心臓の健康状態にかかわらず正常なコレステロール値を維持することが重要と、Reed氏は指摘している。


同氏はさらに、「今回の研究結果から、中年期の人でアミロイドが蓄積し始める場合、その値を低下させる方法が示唆される。脳内のコレステロール値を早期に改善することが後のアミロイド蓄積の低減につながることが明らかになれば、アルツハイマー病の有病率低減に大きな効果をもたらす可能性がある」と述べている。研究論文は、「JAMA Neurology」オンライン版に12月30日掲載された。


HealthDay News 2013年12月30日
http://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/alzheimer-s-news-20/healthy-cholesterol-levels-boost-brain-health-683415.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.




日水清心丸-日水清心丸は中国の北宋時代の書物「太平恵民和剤局方」に収載されている牛黄清心丸が原典です。牛黄清心丸は、長い年月をかけ処方が改良され、皇帝から庶民へ広く使われるようになりました。日水清心丸は、貴重な牛黄をはじめ人参、当帰など各種生葉を配合し、金箔をほどこした丸剤です。中国の伝統的な製法を活かしながら近代的品質管理のもとで製造された医薬品です。

妊娠中のナッツ摂取が子のアレルギーを予防

妊娠中のナッツ摂取が子のアレルギーを予防


妊娠中の母親がナッツ類を多量に食べていると、母親自身がアレルギーでない場合、生まれる子はナッツアレルギーになる確率が低いことが、米ハーバード大学(ボストン)医学部准教授のMichael Young氏らの研究で示唆された。研究報告は「JAMA Pediatrics」オンライン版に12月23日掲載された。


Young氏らは、看護師健康調査(NHS)IIに参加した母親の子8,200人強のデータを収集。約300人の子に食物アレルギーがみられ、このうち140人はピーナッツおよびナッツ類のアレルギーだった。この研究で、ピーナッツまたはナッツ(木の実)類を最も多く(週5回以上)食べていた母親から生まれた子は、ナッツアレルギーの発症リスクが低いことがわかった。しかし、母親にナッツアレルギーがある場合は、子に有意なリスク低下は認められなかった。


米国ではピーナッツアレルギー小児の比率が1997年の0.4%から2010年には1.4%と、3倍以上に増加した。ピーナッツアレルギーの小児の多くは、カシューナッツ、アーモンド、クルミなどの他のナッツ類にもアレルギーがあるという。同誌の付随論説を執筆した米ノースウェスタン大学(イリノイ州)フェインバーグ医学部准教授のRuchi Gupta氏は、「米国の小児の8%に食物アレルギーがあることがわかっており、これは13人中1人、1学級につき約2人に相当する」と述べている。しかし、アレルギー蔓延の理由は未だ不明だという。


今回の知見は妊娠中のナッツ類の摂取と子のアレルギーリスク低減との因果関係を示すものではないが、早期に食物を導入することにより耐性が生じ、アレルギーリスクが低下するとのエビデンスは増えており、この知見もそれに加えられるものだと、Young氏は述べている。Gupta氏も、特定の食品摂取が子のアレルギーの原因となることを心配する母親が多いが、それを裏付けるデータはなく、「母親は通常の欲求に従って通常の食事を摂るべき」と指摘。今回の研究からは早期のナッツ類摂取がアレルギーを防止する可能性が示唆されるが、それを推奨するほどには十分に強固なデータがないことが問題だと、同氏は述べている。


小児にはピーナッツ、牛乳、卵、ナッツ類、貝類、魚類、小麦、ダイズの8食品に対するアレルギーがよくみられ、卵や牛乳のアレルギーは成長とともに消失することが多いが、ナッツ、魚、貝ではそのようなケースは10~20%にとどまる。食物アレルギーの急激な増大は米国だけでなく、カナダ、ヨーロッパ、日本、中国、インドなど、世界各国にみられる現象であるという。Gupta氏は、今後10年でその理由が明らかにされ、対策が立てられることを期待していると述べている。


HealthDay News 2013年12月23日
http://consumer.healthday.com/respiratory-and-allergy-information-2/food-allergy-news-16/moms-who-eat-nuts-in-pregnancy-may-prevent-kids-allergies-study-683336.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.





フタアミンhiクリーム-尿素を含有していませんので、刺激がありません。安全性の高い成分で作っています。血行をよくするビタミンEアセテート、皮膚の荒れやかゆみ等の炎症を鎮めるグリチルレチン酸(薬草「甘草」から抽出)、人の皮脂に近いといわれるホホバ油、皮膚に栄養を与える卵黄油、4つの成分を配合した全身スキンケアクリームです。お肌はしっとり、すべすべ隠れたベストセラーです。高齢者の方のカサカサ肌のかゆみにも、どうぞ!


イヌが前立腺がんをにおいで検知

イヌが前立腺がんをにおいで検知


イヌを訓練することにより、ヒトの尿から前立腺がんの徴候をほぼ完璧に嗅ぎ分けられるようになることを、イタリア、Humanitas研究病院(ミラノ)のGianluigi Taverna氏らが米フロリダ州オーランドで開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次集会で報告した。


それによると、特殊な訓練を受けた2頭のイヌにより、前立腺がんによって尿中に放出される有機化合物を98%の精度で検出することができたという。「PSA検査、生検、画像スキャンなどの診断ツールと併用すれば、イヌの利用が将来的に現実のものとなる可能性が示された」と、Taverna氏は述べている。


今回の研究では、さまざまな程度の前立腺がん患者320人、健常者357人の計677人から採取した尿検体を用いてイヌを訓練し、試験した。前立腺腫瘍により産生される揮発性有機化合物は、容易に空気中に蒸発し、イヌの嗅覚で検知可能なにおいを生じる。研究チームは、イヌががん患者の尿のにおいを捕らえてその前に座ることができれば褒美を与えた。イヌは記憶力がよく、個人の臭いを覚えている可能性があるため、別の尿検体を用いて試験した結果、1頭は98.9%、もう一頭は97.3%の精度で前立腺がんの存在を検知することができた。


この結果は、前立腺がんの診断にイヌが有用である可能性を示すものだと、Taverna氏は述べ、「この方法は再現性があり、低コストで非侵襲的。イヌを使うことで、不必要な生検を減らし、リスクの高い患者を正確に突き止めることができる」としている。これまでの研究でも、疾患を検知するイヌの能力が示されている。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校准教授 のCharles Ryan氏によると、最近の研究では、イヌが呼気のにおいから肺がん患者を正確に特定できることが示された。


しかしRyan氏は、がんの検知に常にイヌを用いることについては懐疑的な姿勢を示している。特に前立腺がんに関しては現在、過剰検出や過剰治療について激しく議論されている。ほとんどの男性が高齢になると、前立腺がんを発症するが、最後は他の病気で死亡する。前立腺腫瘍の治療により勃起障害や失禁などの問題に悩む患者が多いため、発見されないほうがよいと主張する医師もいる。とはいえ、今回のような知見には科学者として魅力を感じると、同氏は述べている。


なお、この知見は学会発表されたものであるため、ピアレビューを受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなす必要がある。


HealthDay News 2014年5月18日
http://consumer.healthday.com/cancer-information-5/prostate-cancer-news-106/dogs-able-to-sniff-out-human-prostate-cancers-687919.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.





新ルビカップ-消炎酵素剤リゾチーム塩酸塩配合の鎮咳去痰薬です。 リゾチーム塩酸塩は、のどのはれや炎症を抑え、たんの切れをよくします。また、ジヒドロコデインリン酸塩とクロルフェニラミンマレイン酸塩の配合により、効果的にせきを鎮めます。オレンジ色の服用しやすい顆粒です。


妊婦や授乳中の女性は魚の摂取量を増やすべき

妊婦や授乳中の女性は魚の摂取量を増やすべき


妊娠中または授乳中の女性は水銀レベルが低いものであれば1週間あたりの魚の摂取量を増やすべきとの勧告が、米国食品医薬品局(FDA)と米国環境保護庁(EPA)から発表された。

女性は低水銀の魚を週に約220~335g(2~3人前)摂取することが推奨され、幼児や妊娠の可能性がある女性も、同程度の量の魚を摂取するよう努力すべきであるという。FDAが妊婦1,000人超について魚介類の摂取状況を分析したところ、21%が前月に魚を摂取しておらず、摂取していても50%は週に約60g以下、75%は週に約110g以下だった。

FDAによれば、魚介類は高品質の蛋白質などを含み、飽和脂肪酸が少なく、オメガ3脂肪酸を含む。さまざまな魚介類を含むバランスのとれた食事により心臓の健康や、子どもの適切な成長と発達が促されるという。胎児や幼児の神経系の発達に有害であるとされる水銀のリスクは、魚介類の摂取量に左右される。

FDAとCDCでは、妊婦および授乳中の女性に対して、水銀レベルの高いサメ、メカジキ、オオサワラ、メキシコ湾産アマダイを避け、ビンナガマグロは週に約170gに抑えるよう注意を促している。一方、小エビ、タラ、サケ、ライトツナ缶などは水銀レベルが低いので勧められるという。


HealthDay News 2014年6月10日
http://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/nutrition-score-high-502/pregnant-or-breast-feeding-women-urged-to-eat-more-fish-688700.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.